バーリング加工

 

   

 

 サニタリーパイプのバーリング加工は、弊社が独自で考案・開発したパイプの分岐工法であります。

 そしていち早くサニタリー配管分野で取り入れ、40年にわたり造り続けてまいりました。

 この実績こそが信頼の証です。

 

   

特徴

 

   
 

 

   冷間工法が可能な材質のパイプで分岐ができる

   溶接が容易で本管のひずみが少ない

   つば出しの溶接のため研磨加工が容易

   枝管のつば部のRが滑らかで流動性に富む

   枝管のサイズ、位置を任意に設定できる

 

 
   

サニタリーチーズ製作工程

 

   
   

製作可能寸法

 

   
 

  ■主管口径

8A~300A

 
 

  ■分岐管口径

8A~300A  
 

  ■長さ

 ~4000L  
 

  ■厚さ

ご相談ください  
   

バーリング加工、利用加工製品